フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学>音楽留学体験談

フランス音楽留学体験談 2018

無料留学ガイダンス予約

多久嶋 茜音様

パリ国立高等音楽院(ピアノ)

多久嶋 茜音様

留学期間:2013年5月~

2017年は、夏に東京で二度のソロリサイタルを開催したほか、室内楽での活動を精力的に行った年でした。12月にはフランスからヴァイオリン、ビオラ、クラリネットをそれぞれ専門とする3名の仲間を招き、宮崎と東京で室内楽のコンサートを開催しました。

>>続きを読む

西本 佳奈美様

リヨン国立高等音楽院(ピアノ)

西本 佳奈美様留学期間:2013年8月~

日本の恩師にフランスへの留学を勧められ、半年前に入学したばかりの大学を休学し、右も左も分からないまま日仏文化協会さんのお力を借りパリへ飛び立ったのが留学の始まりです。

 

>>続きを読む

佐々木 梨央様

ヴェルサイユ地方音楽院(ピアノ)

佐々木 梨央様留学期間:2014年8月~

パリ地方音楽院で一昨年までお世話になったルクレール先生のレッスンでは、論理的に考えて音楽をしっかりと構築することや、メロディーラインが途切れないようにきちんと聴くこと、また自分の手に合った運指法を考えることなど、ピアノ演奏における全般的な基礎を指導していただきました。

>>続きを読む

井上 響子様

パリ地方音楽院(ピアノ)

長谷部 彩音様留学期間:2014年9月~

今年の始めに、パリ郊外の町でリサイタルをしました。スカルラッティやラヴェル、ショパンの作品の他、フランス人の現代作曲家の作品を演奏し、お客様が心から音楽を楽しんでいる様子にとても感動しました。フランスでは、演奏者と聴き手が同じ空間で音楽を共有することを大切にする文化的土壌があります。

>>続きを読む

星野 紗月様

パリ国立高等音楽院(ピアノ即興演奏)

星野 紗月様留学期間:2015年8月~

芸術が凝縮されているこの街では、毎日のように小さな感動を味わうことができ、3年目となった今でも渡仏した頃と同じ高いモチベーションと好奇心を持って日々過ごしています。

>>続きを読む

山口 桜様

リュエイユ=マルメゾン地方音楽院 (声楽)

山口 桜様留学期間:2015年8月~

3年目に入り、演奏会に出演させていただくことも多くなりました。昨年は、パリのレストランで企業主催のパーティーや、パリ高級ホテルで行われた日仏中の文化を紹介しあうパーティーなどで歌わせて頂きました。

>>続きを読む

肝付 黎様

リヨン国立高等音楽院(ヴァイオリン

肝付 黎様留学期間:2016年9月~

マスター2年目は生活面・音楽面どちらにおいても変化のある年でした。昨年は学校・フランスでの生活に慣れるのにやっとで毎日があっという間でしたが、今年は生活リズムも安定し少し余裕ができたのでフランス語の勉強にも積極的に取り組んでいます。

>>続きを読む

松﨑 佑美様

リュエイユ・マルメゾン地方音楽院(声楽)

松﨑 佑美様留学期間:2016年9月~

フランス音楽が好きで、留学をするならフランスと考えていました。パリに旅行した際、友人を通してコテ先生のレッスンを聴講し、先生の人柄や丁寧な指導法に触れて、ぜひ先生と勉強したいと思い留学を決意しました。

 

>>続きを読む

井本 響太様

パリ国立高等音楽院 (ギター)

井本 響太様留学期間:2016年9月~

母がジャズ・ピアニストで、父は音楽関係の仕事をしていることもあり、幼い頃から音楽に親しんでいました。5歳の時にギターを弾き始めて東京音楽大学に進み、ジャズやポップスの活動もしていましたが、まずはクラッシックの世界最高峰の音楽院で学んでみようと決心し、パリ国立高等音楽院を受験し合格しました。

>>続きを読む

植野 萌雅様

パリ地方音楽院 (ピアノ)
パリ13区立音楽院(ピアノ伴奏法)

武田 実里様留学期間:2016年9月~

伴奏者には専門的な知識と技術の他に、幅広い教養と経験が求められます。伴奏法の授業では、あらゆる需要に応える技術を磨くために初見視奏、伴奏初見、スコアリーディング、鍵盤和声法など卒業試験に向けての準備の他、作曲科で勉強するような和声の進行方法や展開のさせ方なども学びます。

>>続きを読む

武田 実里様

エコール・ノルマル音楽院(ピアノ)

武田 実里様留学期間:2016年9月~

音楽院の実技試験では、バロックから近現代までの幅広いレパートリーに加え、試験の2か月前に発表される課題曲を準備します。実技の一次試験と本選の間に室内楽の試験があったため、かなりのハードスケジュールでしたが、どんな状況でも完成度の高い演奏をするための良い訓練になりました。

 

>>続きを読む

秦 麻美子様

パリ国立高等音楽院(エクリチュール)

秦 麻美子様留学期間:2016年9月~

自分が勉強したいエクリチュールを学べる課程がフランスにしかないことを知り、大学在学中にニース夏期国際アカデミーに参加しました。言葉に不安を持ちつつも思い切って参加したアカデミーでは、1週間のセッション中に作品を作曲して学生コンサートで披露するというハードなものでしたが、大変楽しく充実した講習会でした。

>>続きを読む

山崎 瑠奈 様

セルジー=ポントワーズ地方音楽院 (サクソフォーン)

山埼 瑠奈 様留学期間:2016年9月~

2年目に入り、フルモー先生のレッスンでは、以前より自由で伸びやかに演奏できるようになってきました。現在は、繊細な表現をするために、強弱記号など楽譜に書かれていることだけにとらわれずに音色の変化をつけることを注意されることが多いです。

 

>>続きを読む

田倉 碧子様

スコラ・カントルム音楽院 (ヴァイオリン)

田倉 碧子様留学期間:2016年7月~

留学2年目に入り、落ち着いて暮らせるようになりました。学校のシステムや授業についても良く理解できるようになり、とても充実しています。学校の勉強、語学、生活全般で今まで見えなかったことが見えてきて、さらに勉強したい吸収したいという欲が出てきたように思います。

>>続きを読む

奥田 ななみ様

エコール・ノルマル音楽院 (室内楽)(ピアノ)

奥田 ななみ様留学期間:2016年9月~

海外で初めて一人暮らしを始めた昨年はそれまでの生活が一変し、見るもの聞くものすべてに驚きと感動の毎日でした。2年目の今年は落ち着いて生活ができ、日本にいた頃よりも一人で過ごす時間が増えた分、自分を深く見つめるようになりました。

>>続きを読む

宮崎 志帆様

エコール・ノルマル音楽院(フルート)

宮崎 志帆様留学期間:2016年9月~

大学3年生の時に、ムジークアルプ夏期国際アカデミーでヴァンサン・リュカ(Vincent LUCAS)先生のレッスンを受講し、フランス人の繊細な演奏に惹かれ、フランス留学を決意しました。

 

>>続きを読む

石原 怜奈様

パリ12区立ポール・デュカス音楽院(フルート)

石原 怜奈様留学期間:2017年9月~

昨年、ニース夏期国際音楽アカデミーのルフェーブル先生のレッスンを受講し、素晴らしいレッスンに感銘を受け留学を決意しました。ルフェーブル先生は、長年パリオペラ座管弦楽団の首席奏者で、とても美しく遠くまで響く先生の音色を身近に聴くことができるのは貴重な体験です。

>>続きを読む

西山 葵様

パリ地方音楽院(クラリネット)

西山 葵様留学期間:2017年9月~

昨年、ムジークアルプ夏期国際音楽アカデミーに参加し、フランク・アメ(Franck AMET)先生とマニュエル・メッツガー先生(Manuel METZGER)のレッスンを受講しました。短期間でも大変勉強になったので、フランス留学を決意しました。

>>続きを読む

谷山 未帆様

エコール・ノルマル音楽院(フルート)

谷山 未帆様留学期間:2017年9月~

東京音楽大学には、選抜試験で選ばれた生徒がモーツァルテウム音楽院やシベリウス・アカデミー、リスト音楽院などに短期留学できる制度があります。リュエイユ・マルメゾン地方音楽院の場合は、学校で1ヶ月間毎週レッスンを受けられると知り、この制度を利用して3年生の時に短期留学しました。

>>続きを読む

古菅 裕之様

リュエイユ=マルメゾン地方音楽院(ギター)

古菅 裕之様留学期間:2017年9月~

フランスへ留学したいと強く願うきっかけとなったのはジュディカエル・ペロワ(Judicaël PERROY)先生でした。どのような難曲でも簡単そうに弾きこなしてしまうその姿に感動し、是非先生に師事したいと思いましたが、先生がどちらで教鞭をとられているのかさえも判らず、まず日仏文化協会に相談しました。

>>続きを読む