フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>山﨑 瑠奈様

フランス音楽留学体験談2017

無料留学ガイダンス予約

山﨑 瑠奈様

山﨑 瑠奈様
山﨑 瑠奈様

通学校:セルジー・ポントワーズ地方音楽院
Cycle d'Orientation Professionnelle 課程 サクソフォーン

留学期間:2016年9月~

洗足学園音楽大学卒業後、セルジー・ポントワーズ地方音楽院にて
ジャン=イブ・フルモー(Jean-Yves FOURMEAU)先生に師事。


多忙ながら充実した日々

高校生の時に、浜松国際管楽器アカデミーでフルモー先生と出会い、その後も何度か講習会に参加し、先生の教えて下さる音楽性に惹かれてフランス留学を決めました。フランス語での留学準備はわからないことが多く、全てにおいて安心できるという印象があったので、日仏文化協会に全サポートをお願いし、とても助かりました。

 

フルモー先生のレッスンでは、先生が年間課題として製作して下さった曲目とエチュードのリストから、多くの曲を勉強しています。苦手な部分を克服するためのプログラムが組まれ、学びの多いレッスンです。それぞれの生徒の音楽性や個性を生かした演奏方法を示して下さるので、とても魅力あるレッスンです。韓国、中国、ウクライナ、イタリアなど国際色豊かなクラスで、とてもアットホームな雰囲気の中で勉強しています。

 

室内楽は、フルモー先生の奥様でピアニストのマリリーズ・フルモー(Marylise FOURMEAU)先生のクラスで学んでいます。先日は、先生ご夫妻のご自宅で卒業生も含め20名ほど集まってパーティーがあり、とても楽しかったです。アンサンブルは、韓国人、イタリア人の学生とサックス・カルテットを組んでいます。イタリア人の演奏はとても積極的で、このようなところにもお国柄が出るのが興味深いです。


先日、パリ国立音楽院の教育学の授業に参加しました。私たちのカルテットの演奏に対して学生がレッスンをし、教授が指導法を教えるという、ユニークで大変興味深い内容でした。

 

オーケストラの授業は、年間2回のセッションに参加します。先日は、近隣の町の音楽ホールで吹奏楽のコンサートに参加しました。大勢のお客様がとても楽しそうに聴いてくださり、最後の曲が終わった時には、会場全体がスタンディングオベーションで大変盛り上がり、聴衆が積極的にコンサートを楽しむ姿勢にもとても驚きました。音楽理論の授業は、ソルフェージュと、外国人用のクルチュール・ミュージカルの授業を取っています。クルチュール・ミュージカルは、楽典用語や音楽史でのフランス語の言い方を説明して下さるので、とても有意義な授業です。語学学校では、週に2回、2時間のレッスンを受けています。個人レッスンのため、自分のペースで質問できるので、とても解りやすいです。

 

今年は、日本ではあまり触れる機会がなかったバロック音楽をしっかりと学びたいと思います。そして、日本とフランスで、大勢のお客様に楽しんで頂ける演奏家になりたいと思っています。また、フルモー先生のように、各生徒の個性や音楽性を大切に、生徒自身が楽しく演奏できることを追求できる指導者になることも今後の大きな目標です。