フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>奥田 ななみ様

フランス音楽留学体験談2017

無料留学ガイダンス予約

奥田 ななみ様

奥田 ななみ様
奥田 ななみ様

通学校:エコール・ノルマル音楽院
6e Diplôme Supérieur d'Exécution課程 ピアノ

留学期間:2016年9月~

東京藝術大学附属音楽高等学校を経て同大学4年次に、京都フランス音楽アカデミーよりスカラシップを得て、エコール・ノルマル音楽院に入学。現在Jean-Marc LUISADA(ジャン=マルク・ルイサダ)先生に師事。


人に深い感動を与えられる唯一無二の音楽家に

エコール・ノルマル音楽院への1年間の留学が決まってから、フランスに留学している先輩に渡仏準備について相談したところ、日仏文化協会のサポートを勧められました。渡仏前のビザ申請や、音出し物件の確保、学校登録を始め、現地ではクラス分けオーディション前の練習場の予約やピアノの搬入など、一人ではとてもできなかったことをサポートしていただき、留学生活をスムーズにスタートさせることができました。

 

大学1年の時に、パリでルイサダ先生のレッスンを受けて以来、将来はぜひ先生と勉強したいと思っていたところ、京都フランス音楽アカデミーのスカラシップ生となったことで、思いがけず卒業前に留学が実現しました。先生は音の出し方や指使い、腕の使い方など演奏家としての経験と知識を惜しみなく伝えてくださいます。レッスンでは実際に弾いてくださるので、雰囲気や曲想などがつかみ易いです。イメージする音色を実際の音に表す技術を細かく指導してくださり、ほんの些細なことで自分の音が変わることに驚いています。また、各生徒に足りないものをよく理解して、勉強するプログラムを提示してくださいます。日本にいた頃は、技術的に難しい曲を選ぶ傾向がありましたが、多くの芸術家を育んできた街で生活し、先生の指導を受けるようになってから意識が変わり、自分が求める演奏の方向性が見えてきました。技術だけではなく、豊かな表現力が問われる作品を勉強したいと思うようになり、1年間の留学中に、ドビュッシーやスクリャービン、ショパンなど、これまであまり取り組まなかった作曲家の作品をじっくり勉強して演奏の幅を広げ、人に深い感動を与えられる音楽家になりたいです。

 

室内楽の授業では、Chantal DE BUCHY(シャンタル・ド・ビュッシー)先生のクラスで、フルート、チェロ、声楽、ヴァイオリンと5人で、作品によって組み合わせを変えて勉強しています。現在は、ドボルザークのピアノ三重奏『ドゥムキー』と、ラヴェルの『シェヘラザード』を声楽、フルート、ピアノの組み合わせで取り組んでいます。

日本では、常にやるべきことに追われていましたが、パリでは時間の流れがゆったりしているのを感じます。歴史の中の芸術家と同じ空気の中で音楽を勉強することができるのは、留学の大きなメリットだと思います。先日、パリの中心地にあるギュスターヴ・モロー美術館に行きました。画家の住居兼アトリエだった家が美術館として公開されていて、芸術家が暮らした空間でその作品を鑑賞するのはとても興味深かったです。

7月に東京で行うリサイタルでは、演奏を聴いてくださる方々の心に残る演奏を心掛け、この1年間の勉強の成果をお伝えできればと思っています。