フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>肝付 黎様

フランス音楽留学体験談2017

無料留学ガイダンス予約

肝付 黎様

肝付 黎様
肝付 黎様

通学校:リヨン国立高等音楽院
2e Cycle Supérieur 課程 ヴァイオリン

留学期間:2016年9月~

桐朋学園大学を卒業後、リヨン国立高等音楽院にてマリー・シャルヴェ(Marie Charvet)先生クラスに在籍。


異国の地で音楽と向き合う日々

高校時代フランス語を第二外国語として選択し、流れるような美しい言葉が大好きになりました。大学入学後は1か月間パリに住んでより一層フランスという国が身近に思え機会があれば是非この国に留学したい。と思ったことがリヨン国立高等音楽院を挑戦するきっかけとなりました。

 

いざ留学しようと決意をし日仏文化協会さんのアドヴァイスの下、修士課程受験時に必要なプロジェクト提出など日本で最終準備に追われ気づけば受験・入学・授業開始とあっという間に月日は流れて行きました。今は冬という事もあり日照時間が短くとても寒い毎日ですが私は修士課程在学中という事もあり比較的午前中は家でゆっくり過ごす事ができます。午後からレッスン・授業・合わせなどがあり学校から帰宅するのは夕方以降ですがその後も自宅で練習をしています。

履修講義の1つアナリーゼでは毎週様々な曲の和音分析及び構成分析を行っています。和音分析に関しては日本とはアプローチの異なる方式で行い構成分析に関しても日本で学習したものを更に掘り下げた分析を求められます。慣れるまではとても大変でした。


専攻レッスンにおいては週に2回教授とアシスタントの先生のレッスンがあります。アシスタントの先生にはスケールを始めテクニック的な事を細かく重点的にご指導頂き教授からは楽器奏者としてヴァイオリンを演奏する上で必要な楽譜の読み解き方、テクニックはもちろん音楽に対する姿勢やあり方も教えて頂いています。

今年1月にはリヨン国立管弦楽団とマーラーの7番を演奏する機会があり普段客席から聴いているのとは違い、より音楽の迫力や響きを直に感じることが出来た貴重な経験でした。


今年の9月からは修士課程2年生、留学生活残された時間が少ない事に焦りも感じますが今ある時間を大切にし少しでも教授の言葉を真意から理解できるよう、またそれを自分が伝えられる立場になれるよう努力したいと思います。

このような恵まれた環境で音楽を学び、今の私の演奏を聴いて頂ける事に心から感謝し精進します。そして将来、ヴァイオリン奏者として全ての方々に恩返しできたらと思っています。