フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>金田 百世様

フランス音楽留学体験談2017

無料留学ガイダンス予約

金田 百世様

金田 百世様
金田 百世様

通学校:エコール・ノルマル音楽院
5e Diplôme dʼExécution課程 クラリネット

留学期間:2016年9月~

同志社女子大学音楽学科卒業後、エコール・ノルマル音楽院ギー・ダンガン(Guy Dangain)先生のクラスに入学。


現在は、弦楽器のように厚みのある音など音色の豊富さの追求を重点的に学んでいるところです

大学在学中、パリに2週間滞在し、パリ地方音楽院教授のフローラン・エオー(Florent HÉAU)先生と、リヨン国立高等音楽院教授のニコラ・バルデイルー(Nicolas BALEDEYROU)先生の個人レッスンを受けました。その後、京都フランス音楽アカデミーにも参加し、先生方のフランス的な音楽表現の豊かさに魅了され、フランス留学を決心しました。当時、日仏文化協会の音楽パンフレットを見て、サポートをお願いすること決めたので、このように留学生として、自分の体験記事が掲載されることになり、嬉しく思っています。日仏文化協会に全サポートをお願いし、語学の問題や、心配のストレスがなく留学でき、とても助かりました。

 

ダンガン先生(元パリ国立高等音楽院教授・元フランス国立管弦楽団首席奏者)のレッスンでは、タンギングや音色についての詳しいアドバイスがあり、大変熱心に指導して下さいます。エチュード4曲と新曲、そして基礎練習の課題が毎週出るので、日本で勉強していた頃の3倍ほどの課題を毎日練習しています。「アジア人は自己表現が苦手なので、もっと心を開いで自分から積極的に音楽表現をするように」と言われます。クラスの発表会には、フランス国立管弦楽団奏者や、プロとして活躍されている国立高等音楽院の卒業生の先輩方も聞きに来て、意見を言って下さいます。現在は、弦楽器のように厚みのある音など音色の豊富さの追求を重点的に学んでいるところです。

 

室内楽は、ピアニストのニナ・パタルチェク(Nina PATARCEC)先生のクラスで、フルートとピアノとのトリオで、サン=サーンスや、シュミッツの曲を学んでいます。常に明るく優しい先生で、具体的でわかりやすい指導です。3人で作り上げる音楽性をまず尊重して、アドバイスして下さいます。初見は、エリック・アンポー(Eric AMPEAU)先生のクラスで、毎週3曲の楽譜を初見視奏します。現代曲のソロ曲や、バッハなどをピアノと演奏することが多いです。ただ音を追うのではなく「もっと明るく和音を感じて」「強弱をもっと美しく表現して」と、音楽的に演奏することを求められます。

 

12月にはストラスブールに旅行に行きました。クリスマスの飾り付けがとても美しかったです。パリでは美術館や教会などのコンサートにもよく行きます。先日はプッチーニのオペラ「トスカ」をオーケストラ・ピットの目の前で鑑賞することができ、大変感激しました。学生用の当日チケットで、とても安い料金で聴くことができました。留学中に、ヨーロッパの沢山の一流の演奏を聴き、多くの人や場所との出会いを経験したいと思っています。またヨーロッパ各地のオーケストラのオーディションやコンクールなどにも、チャレンジしていきたいです。