フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>井上 朋実様

フランス音楽留学体験談2017

無料留学ガイダンス予約

井上 朋実様

井上 朋実様
井上 朋実様

通学校:パリ地方音楽院 Concertiste課程 クラリネット

留学期間:2016年9月~

2016年、国立音楽大学主席卒業武岡賞受賞。第7回岩谷時子賞受賞。
パリ地方音楽院ポール・メイエ(Paul MEYER)先生とフランク・アメ(Franck AMET)先生に師事。


感覚的なものを言葉で表現しようと試みる事の大切さを、再認識しました

高校生の時、軽井沢国際音楽祭講習会でミシェル・アリニョン(Michel ARRIGNON)先生のクラスを受講し、大学在学中にはフィリップ・ベロー(Philippe BERROD)先生の講習会や、パリ国際音楽アカデミーと、ムジークアルプ夏期国際音楽アカデミーに参加し、フランス留学を決心しました。日仏文化協会には、音楽とヴィザなどのサポートをお願いしました。それ以前にも3年間、同協会の語学クラスで、フランス人教授の個人レッスンを毎週受講し、語学検定対策もしてくださったおかげで、音楽院に必要なディプロムを渡仏前に取得することができました。

 

アメ先生のレッスンは、エチュード4曲、コンチェルトなど多くの曲が毎週宿題に出るので、必然的に練習量が増えました。曲の部分によって、表現や音色をどのように変化させるかなど、演奏しながら的確な言葉で、詳細に説明して下さいます。雰囲気だけではなく、曲をどのように表現すべきか、言葉で明確に理解することはとても大事です。クラスでは、マスタークラスのように常に別の生徒がレッスンを聴いているため、緊張感があり、聴講していても、自分の意見を明確に話す事が求められます。フレーズ感や音の響かせ方、また息の速さやアンブシュールのコントロール、新しい運指法についてなど、具体的な自分の演奏の問題点が毎回のレッスンでクリアになり、とても勉強になります。

 

大変有名な指揮者でもあるメイエ先生は、レッスンで「音楽というのは、どれほど演奏が素晴らしく、技術面が完璧だとしても、それだけでは誰も感動しない。その先にある何か特別なものを求め、どのように個性ある表現ができるかを常に考えなければならない。」と仰います。また、エチュード一つを取っても、とても大切にゆっくりさらいながら、すべての音のアタックを始め、音程、音色、息の圧力をかけて息のスピードを上げる方法など、詳細に分析しながら練習方法を示して下さいます。先生方のレッスン中の音楽に対するエネルギーと、音への集中力、音楽に向かうテンションの高さには、本当に驚くばかりです。

 

室内楽は、ピアニストのマリー=フランス・ジレ(Marie-France GIRET)先生のクラスで、ヴァイオリン、ピアノとのトリオで、ハチャトリアンやストラビンスキー、バルトークなどの作品を勉強しています。先日、パリ8区の区役所と学内ホールでの演奏会に出演しました。区役所では、シャンデリアのある美しい部屋でのサロン・コンサートに、一般の方が大勢来て下さいました。吹奏楽では、トマジと、ジラールの作品に出演します。
パリでは、オペラや素晴らしいコンサートを気軽に聴くことができるので、一流の生の演奏を沢山聴いて、自分の演奏に生かしていきたいと思います。これから、もっと音楽の表現と理解を広げ、多くのコンクールやオーディションに挑戦していきたいと思っています。