フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>吉武志穂美様

フランス音楽留学体験談

無料留学ガイダンス予約

吉武志穂美様

吉武志穂美様
吉武志穂美様

通学校:スコラ・カントルム音楽院 Cycle diplômant / Virtuosité課程 ヴィオラ

留学期間:2013年9月~

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校ヴィオラ科卒業後、東京藝術大学在学中に、国際ロータリークラブ財団奨学生に選ばれ渡仏。現在スコラ・カントルム音楽院、ブルーノ・パスキエ(Bruno PASQUIE)先生のクラスに在籍。

 

自然体でのびのびと、自分らしく演奏することが、今の課題です

大学在学中に国際ロータリークラブ財団の奨学生に選ばれたのを機に、以前から京都フランス・アカデミー講習会でお世話になっていた、パスキエ先生が教鞭を取るスコラ・カントルム音楽院への留学を決めました。初めての海外でしたので、日仏文化協会に練習できる物件を紹介して頂き大変助かりました。

 

パスキエ先生のレッスンは、明るく楽しい雰囲気です。自分ではテクニック面で自信が持てない部分があるのですが、先生は「テクニック面は、特に目立つ問題はないから心配せずに、音楽表現に集中しなさい」といつも優しい笑顔で仰います。「自信がない」という考え自体を改めなければいけないと思っていたところでしたので、これからは自然体でのびのびと音楽を作り上げ、自分らしく音楽表現に集中することが現在の課題です。


しっかりした音を出す為には、弓の先の方で弾いていると音が細くなりやすいので、弓の根元の方で弾くように等、音色を広げるための具体的なアドバイスを頂いています。いつも、先生の力強く幅の広い音色とヴィオラらしい優しい音に魅せられています。先生は パリ・オペラ座管弦楽団、フランス国立管弦楽団で首席奏者を務められ、弟のヴァイオリニスト、レジス・パスキエ氏とのトリオ等でも世界中で演奏され、パリ国立高等音楽院教授退官後に勲章を授与されるなど、名実共にヴィオラの第一人者で、このような著名な先生に師事する機会を与えて頂き、幸運だと思っています。


先日は学長先生の推薦を受け、バッハ・プログラム演奏会に出演し「ブランデンブルク協奏曲第3番」「2つのヴァイオリンのためのコンチェルト」等を弦楽オーケストラで演奏しました。パンテオンの広場に面した、区役所内のホールは満席で、多くのお客様に大変喜んで頂き、嬉しかったです。1月には、門下発表会でレベッカ・クラーク作曲「ヴィオラ・ソナタ」を演奏します。またバッハの演奏会が1月の後半にも予定されています。これから、コンクールやオーケストラ・オーディションにも挑戦する予定です。

 

音楽院はカルチェ・ラタンにあり、歴史ある建物や中庭はパリらしい落ち着いた雰囲気で、学長も事務の方達も穏やかで優しいです。学長は、生徒一人一人の顔を覚えていて、いつも声をかけて下さいます。フランスでは、教会でよくクラッシックのコンサートが行われるので、私も滞在中にリサイタルをしてみたいと思っています。


昨年は、九州交響楽団のエキストラとして、佐村河内守作曲「交響曲第一番広島」に出演させて頂きました。オーケストラ奏者になることが夢なので、今後もたくさんの経験を重ね、多くの演奏会に出演できるよう、頑張りたいと思います。
私は田舎で育ったためか、フランスの地方や郊外の自然に魅力を感じます。留学中に、地方の港町や田園風景の中を旅行したり、今しかできないたくさんの体験をしたいと思います。