フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>上仁美様

フランス音楽留学体験談

無料留学ガイダンス予約

上仁美様

上仁美様
上仁美様

通学校:パリ地方音楽院  室内楽科 Concertiste課程 クラリネット
ベルサイユ地方音楽院 Perfectionnement課程 クラリネット

留学期間:2010年9月~

パリ地方音楽院フランク・アメ( Franc AMET )先生のクラスでCycle de Perfectionnement/Concertiste課程を満場一致で卒業。現在同音楽院、室内楽科ポール・メイエ( Paul MEYER )先生、エリック・ル・サージュ( Eric LE SAGE )先生のクラスと、ベルサイユ地方音楽院クラリネット科マニュエル・メッツガー先生(manuel METZGER)のクラス在籍。

 

作曲者が表現したかったことを忠実に再現できるようになりたいです

アメ先生には、作品の音楽的なアプローチの仕方や、技術面の基本的なことを細かく教えて頂きました。現在は、メッツガー先生のクラスでオーケストラ・スタディーを中心にレッスンして頂いています。メッツガー先生は、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団奏者なので、実体験をふまえてのレッスンでは、作曲家によってアーティキュレーションの違いを出したり、ベートーヴェンの作品では、タンギングをはっきりと短めにするなど、それぞれのオーケストラ作品のキャラクターを際立たせるための具体的な方法を教えて下さいます。先生の求めている音楽的要素ができていないと、その場でできるようになるまで、何度でも繰り返し細かく指導して下さいます。 先生は、曲の構成をまず考え、それから音色や音楽的なことを作るように、また、とてもゆっくりきっちりと練習しなさいと仰います。


先日、オーケストラのオーディションを受けて、課題曲の多さにまず驚きました。受けていた人は50名程で、ほとんどがフランス人です。こうしたプロの競争の中に実際に入ってみて、今まで受けたコンクールや演奏会とは違う緊張感を感じました。絶対に受かりたいという意気込みやプロ意識等、実際にその場でまわりの人の様子を体感することでも学ぶことがたくさんあります。イタリア人の1歳年上の知人が合格し、自分も頑張ろうと刺激になりました。パリ地方音楽院室内楽科は、 著名な先生のクラスで受講希望者が多いためオーディションがあり、20組中4組が合格しました。レッスン中、先生が実際に演奏しながら説明して下さるので、よく理解することができます。同じフォルテでも、ソロ曲のフォルテと4重奏でのフォルテは違うこと、それぞれのパートの音色をよく聴きながら自分の音色を作る事、また和音を出す時のそれぞれの音の役割をよく聞くようにと言われます。

 

昨年引っ越しをして、台湾人の音楽家2名の友人と一軒家をシェアしています。家でも彼女達と常にフランス語で会話をしなければならないので、仏語会話の勉強にもなっています。最近特に気をつけていることは、作曲家が表現したかったことを忠実に再現できるようになりたいということです。留学も4年目を迎え、先生の意見をただうのみにするのではなく、楽譜に忠実に自分でよく考えて解釈しなければならないと思うようになりました。最近は、レッスン中にも、自分はこう表現したいという意見を主張するようになりました。フランスでは、自分の考えを自分の言葉で発言することがとても大切なので、受け身ではなく、何事も自分から積極的に動くようにしています。音楽も語学も、もっと勉強して、さらにフランス音楽と文化に対して理解を深めていきたいです。