フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>谷口はる香様

フランス音楽留学体験談

無料留学ガイダンス予約

谷口はる香様

谷口はる香様
谷口はる香様

通学校:オルネイ・スー・ボワ県立音楽院 Specialisé課程 サックス

留学期間:2013年9月~

名古屋音楽大学卒業後渡仏。オルネイ・スー・ボワ県立音楽院ジェローム・ララン( Jerôme LARAN ) 先生のクラスに在籍。

 

入学してすぐにたくさんの演奏会に出演し、充実した時を過ごしています

名古屋音楽大学とオルネイ・スー・ボワ県立音楽院は交流があり、以前からマスタークラスを 受けたり、合同の演奏会に参加したりする機会がありました。その際、ララン先生のレッスンに惹かれ留学を決心しました。最初は自分で準備していましたが語学の問題もあり、日仏文化協会にビザと物件のサポートをお願いしました。


ララン先生は、世界中で演奏されていらっしゃるので大変ご多忙ですが、いつでも情熱的に生徒一人一人と向き合い、レッスンして下さいます。 先生は、生徒にたくさんの演奏する機会を与えてくださり、これまでに、入学して2週間後に、パリ地方音楽院でアンサンブルの演奏会に出演したのを始め、ボルドーのフェスティバルや教会での演奏会、また学校の大ホールでの発表会に出演しました。レッスンと演奏会の準備でとても忙しいですが、いろいろな経験ができとても充実しています。


フランス語でまだ思うように言いたい事を伝えきれない部分があるのですが、先生はいつでも一生懸命に話を聞いて下さいます。音楽表現や技術について、とても細かく指導して下さり、エチュードやスケールの課題も多く出されます。レッスンでは、音楽と教育に対する熱い思いを話して下さるので、先生の期待に答え、留学期間中自分がどこまで成長できるか、最大限に努力していこうと思っています。

 

韓国、日本、コロンビア、フランスの学生が集まるクラスは国際色豊かで、門下生とはすぐに仲良くなり、学校でよくいっしょに練習したりしています。 実技のレッスンの他には、フォーマシオン・ミュージカルの授業をとっています。CDを聞いて、楽譜の空白になっている部分を聴音し書き取ったり、アナリーゼ課題では、曲を聴いて時代を考えたりと、とても興味深い内容です。演奏会も、よく聴きに行きます。フランスのオーケストラの音色は、色彩豊かでとても美しいので、とても勉強になります。

 

フランスに来て一番驚いた事は、街やメトロでも、まわりの人達が大きな声で笑ったり、怒ったり、泣いたり、愛情表現をしていたり、日常での感情表現が激しいことです。日本では、感情をあまり表に出さないので、日本人はとてもおとなしい国民なのだと思いました。 普段から思ったことを表情や言葉にダイレクトに出すフランス人と、思った事を我慢してしまう日本人では、音楽表現が違うのは当たり前だなと感じました。舞台で演奏する時には、フランス人のように素直に自分を表現できる演奏をしていきたいと思います。パリは歩いているだけでも美しい建築物を見る事ができ、日常生活の中に芸術がとけ込んでいると感じます。このような日本とはまったく違う環境で、感性を研ぎすまし、音楽家としても人間としても、多くの事を体験し吸収していきたいと思っています。