フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>村山千紗稀様

フランス音楽留学体験談

無料留学ガイダンス予約

村山千紗稀様

村山千紗稀様
村山千紗稀様

通学校:パリ地方音楽院 Cycle Spécialisé課程 ピアノ

留学期間:2013年8月~

桐朋学園大学在学中の2013年、パリ地方音楽院に合格。現在、ジャン・マリー・コテ(Jean-Marie COTTET)先生のクラスに在籍。

 

美しい音作りを目指して

大学3年終了時に卒業後の進路を考え始め、ヨーロッパ各国の音楽学校について調べていたところ、料理の勉強のためにフランス留学を準備していた友人から、日仏文化協会のガイダンスを受けることを勧められました。ホームページの留学生紹介欄を見て、多くの先輩や友人達がサポートを受けて渡仏していたことを知ると共に、ガイダンスでは音楽留学担当の方から、フランスの音楽教育機関の仕組みについて詳しい説明を受けました。公立校の受験には年齢制限があること、またその年の秋なら、年齢的にパリ地方音楽院スペシャリゼ課程受験が可能であることを知り、急遽、受験をすることにしました。

 

現在師事しているコテ先生からは、楽譜を忠実に読み込むことの大切さや、これまで知らなかったような斬新なペダルの使い方等を教えていただき、たくさんの驚きがあります。ラフマニノフの作品では、低音を響かせておくために真ん中のペダルを使うなど、音をできるだけ美しく響かせるために、繊細なペダル遣いをすることが求められます。このように細かい響きの違いを感じる事のできる敏感な耳を養う必要性を感じています。また、以前は作品を短いフレーズで捉えすぎる傾向があったことに気付き、現在は、曲全体を大きく捉え、長いフレージングと構成を意識した演奏を心掛けています。


実技の他に受講している伴奏法入門のクラスでは、ジャン・フランソワ・アットン(Jean-François HATTON)先生の指導の下、初見視奏はもちろんのこと、様々な終止形を転調したり、長いパッセージを暗譜した上で、さらにそれを移調して演奏したり、バッハの「コラール」や「平均率クラヴィーア曲集」などの作品を長2度下の調に移調して演奏するなど、通常のピアノのレッスンでは学ぶことのできない内容で、大変興味深く、勉強になります。

 

渡仏当初は、初めての一人暮らしで戸惑うことが多くありましたが、分からないことや困ったことがある時には、現地スタッフの方々に助けていただき、とても安心できました。

 

パリは、日常的に芸術に触れる機会が多くあり、一般の人々の文化に対する意識が高い街です。サル・プレイエルでのオーケストラのコンサートや、オペラ座のバレエ公演では、日本に較べてチケットが安価な上、会場がほぼ満席なのに驚きました。留学中にフランス語もしっかり習得したいので、現在は週に3回、語学学校に通っています。今後は、室内楽にも取り組み、日本ではあまり演奏されない作品や、様々な編成の作品にもチャレンジしてみたいです。