フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>國本樹里様

フランス音楽留学体験談

無料留学ガイダンス予約

國本樹里様

國本樹里様
國本樹里様

通学校:パリ地方音楽院 Cycle Concertiste課程 ヴァイオリン

留学期間:2012年10月~

桐朋学園大学音楽学部卒業後、渡仏。パリ地方音楽院ラリッサ・コロス(Larissa KOLOS)先生のクラスに在籍。

 

たくさんの演奏会に出演し、充実した時を過ごしています

留学1年目は初めての事ばかりで、新しい生活に慣れるのと学内オーケストラやレッスンの課題に必死で、あっという間でした。昨年度は行政、生活、物件、学校登録サポートのすべてを日仏文化協会にお願いしました。特にフランスはビザに関する変更が毎年あるので、サポートしていただき安心できました。


コロス先生は大変ダイナミックな先生で、レッスンでは、もっと大きく深く、音楽を表現するようにとよく仰います。まず曲の持つ性格やイメージについてのお話の後、それらを表現するにはどうしたらいいかという具体的な説明があり、ニュアンスの出し方や弓の位置、テンポ設定、アーティキュレーション等を細かく指導して下さいます。技術面、音楽性共に強い確信を持って指導して下さるおかげで、まわりの若い生徒達も、とても成長しています。

 

室内楽のパスカル・ル・コル(Pascal LE CORRE)先生のクラスでは、ブラームス作曲「ヴァイオリン・ソナタ2番」、ラヴェル作曲「ヴァイオリン・ソナタ」等をピアノと勉強しており、どのくらいのエネルギーを込めるか、何の楽器の音色を想像して弾くか等、演奏する上での様々な表現方法を学んでいます。先日は、パリ行政文書館(Archives de la Ville de Paris)での演奏会に出演させて頂きました。


オーケストラでは、シャトールー(Châteauroux)での音楽フェスティバルで「ワーグナープログラム」の演奏会や、学校のホールでの「フランス作品プログラム」演奏会等に出演しました。先日は1週間の間に、オーケストラ、ソロ、室内楽の演奏会で4回も本番があったため、大変忙しかったのですが、たくさんの演奏会に出演させて頂き充実した時を過ごすことができました。

 

フランスでの生活で感じる事は、何事も言葉で具体的に表現する事が重要だという点です。例えばレッスンでも、「何が、どのようによかったのか」「よくなかったのは何が原因で、どうすればよいか」等、演奏内容を理論的かつ具体的に説明しますし、「こんな感じで」や「まあまあ、なんとなく」のような表現はあまり使われません。
日常生活でも日本人は、はっきり自分の意見を言わないことを美徳とする傾向があり、曖昧な表現をする事が比較的多いですが、文化の違う外国では、相手の気持ちを察する事が難しく、時に誤解が生じることがあるので、言葉で自分の意見をはっきりと伝える事が大事です。
忙しい生活の中でも、できるだけ芸術に触れるようにしています。ルーヴル美術館に行った際には、世界の最高傑作と言われる絵画の前で、子供たちやラフな姿の若者が楽しく美術鑑賞をしている姿を見て、気楽に歴史的芸術に触れることのできる文化は素晴らしいと思いました。残り少ない貴重な留学生活を充実させ、たくさんの経験を積み、今後の演奏活動に活かしていきたいと思っています。