フランス音楽留学なら、フランス滞在歴10年以上の音楽家によるサポートがある日仏文化協会へ。

フランス音楽留学

Homeフランス留学フランス専門留学音楽留学音楽留学体験談>伏見夏野様

フランス音楽留学体験談

無料留学ガイダンス予約

伏見夏野様

伏見夏野様
伏見夏野様

通学校:エコール・ノルマル音楽院 5e Diplôme d'Exécution課程 声楽

留学期間:2013年9月~

 

国立音楽大学声楽専修卒業後渡仏。第6回横浜国際音楽コンクール大学生の部第二位受賞。京都フランス音楽アカデミー・スカラシップ受賞。現在ミレイユ・アルカンタラ(Mireille ALCANTARA)先生のクラスに在籍。

 

街を歩いているだけで、フランス音楽の歴史の中に私は居るんですね♪

幼少期から母と共にフランス音楽を聴く日々、益々フランスに憧れ、中高はフランスの修道院が母体の学園で学びフランスへの留学を夢見ていました。2013年、京都フランス音楽アカデミーのスカラシップ生として約100名中の2名に選ばれ、留学が叶いました。アルカンタラ先生のクラスに入学し、発声の仕方が大きく変わりました。鼻の奥を意識して声を響かせる方法や、発音する時の唇の動かし方、舌の位置や形、口の中の開け方等を細かく研究しています。以前は、あまり発音する時の唇の形を意識していませんでしたが、鏡を見ながら先生の発音に近づけるよう特訓しています。フォルテ、ピアノの表現は、声量だけではなく、口の中の声の響きと振動で変化をつける方法等を教えて頂き、新たな発見ばかりです。世界中のオペラで活躍された先生ですのでご自身の経験をふまえレッスンして下さり、毎週の音楽院でのレッスン、そして個人的にお願いしているレッスンが楽しみです。

 

私はオペラや歌曲だけではなく「レ・ミゼラブル」や「オペラ座の怪人」等のミュージカルも大好きで、初めてパリに来た時は、ビクトル・ユーゴー記念館へすぐに行きますと、そこにはコゼットとマリウスの世界!驚きと感動に包まれました。オペラ座見学に際しては「オペラ座の怪人」で重要な「怪人5番のボックス席」を是非見たいです。オルセー美術館で、オペラの模型を見た時も、オペラ座の怪人が地下に潜んでいる様な気がして楽しい気持ちになりました。ドビュッシーの肖像画、ビクトル・ユーゴーの顔をかたどった彫刻を見た時も、凄く感激でした。私はドビュッシーの「回転木馬」という曲が大好きで難しいレパートリーですがいつも心で歌っております。まだ自分の力で歌いこなせないと感じますが、パリ市内にはメリーゴーランドが沢山あって、この情景を朝陽や夕日の中で見ながら作品に想いを寄せています。

 

フランス語は、日本語にない発音が多く本場の発声と発音をきちんと習える機会を頂けた事も有難いです。歌唱においては、言葉の意味を知り歴史を理解し、そこから表現を模索しています。ドイツ語、イタリア語の曲も勉強中で、深い音の作り方をよく注意されます。スペイン歌曲にもチャレンジしています。留学のチャンスを頂いたのでどんどん外にも出掛け、素晴らしい歴史を観て感じ取り演奏会に心打たれ教会では荘厳なパイプオルガンが聴ける日々、パリだからこそ得られる感銘は、生涯私を音楽の夢に溢れた人生へと導いてくれるでしょう。日仏文化協会には、ビザ、生活、物件サポートをお願いしました。問題があると親身にすぐに対応して頂き、音楽に集中することができ大変助かりました。 将来は、フランス歌曲をリサイタルで歌える様になりたいです。いつかミュージカルの舞台にも立ちたい。その為に、留学中全てのことを最大限吸収し、学んで参ります。