東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

マスタークラス

Lesson de ラ・パレット スペシャルマスタークラス
~ジャン=マルク・ルイサダ氏とイザベル・カンピオン女史を迎えて~

 

受講生募集 → 受講満席、聴講のみ受付中

※たくさんのご応募ありがとうございました。

 


ジャン=マルク・ルイサダ2014年11月9日(日)、汐留ホール(東京・新橋)にて行われる『Lesson de ラ・パレット スペシャルマスタークラス』(主催:ラ・パレット)にて、ジャン=マルク・ルイサダ氏とイザベル・カンピオン女史のレッスンを受ける事ができる生徒を 1名募集します。

 

このマスタークラスは、ルイサダ氏のレッスンを有意義なものにして頂くために、3段階の構成をとっております。
まず事前に北川正氏のレッスンを受けて頂くことにより、ルイサダ氏のレッスン内容が深く理解できます。

当日は、ルイサダ先生のレッスンと、カンピオン女史のアトリエとアドバイスにより、ルイサダ氏の奏法の実践が容易になるよう、プログラムしております。

 

 

募集要項


受講資格

専門的にピアノを学ばれているピアノ学習者で音楽大学卒業または同程度以上の実力を有すること。すでに演奏活動を行っている方も可。

受講条件

1.2014年11月9日日曜日当日、日仏文化協会汐留ホールでの

  10:45~13:00 イザベル・カンピオン女史によるアトリエ
  15:00~18:10 ジャン=マルク・ルイサダ氏によるマスタークラス& イザベル・カンピオン女史によるアドヴァイス

の全てに参加できること。

 

2.事前レッスン:北川正先生(神奈川県川崎市)のレッスンを受けること。(レッスン代はマスタークラス参加費とは別で、北川先生に直接お支払頂きます。金額についてはラ・パレット事務局までお問い合わせください)

費用

参加費:8万円(含:通訳料/参加決定連絡後、指定口座に振り込みいただきます)
交通費、宿泊費などは自己負担となります。

応募方法

YouTubeに演奏(なるべく最近のもので7分以上、楽譜が出版されている曲に限る)をアップし、そのURLと、プロフィール、連絡先を明記の上、メールにてご応募ください。
プロフィールには、氏名・年齢・これまでの音楽歴(出身校、師事した先生、期間、コンサートやコンクールの出演・入賞歴など)を明記してください。

宛先:ラ・パレット(担当:吉原) http://form1.fc2.com/form/?id=232471

締切:2014年8月15日(金)

聴講

●マスタークラス 15:00(14:45開場) 
料金 10,000円(当日11,000円) 定員62名

 

●イザベル・カンピオン“音楽家のためのアトリエ”10:45(10:30開場)&マスタークラス 15:00(14:45開場)
料金 14,800円(事前予約のみ) 定員18名

 

お申し込みの受付け後、メールにて振込先をご案内いたしますので、メール到着後10日以内にお振込みください。
ご入金の確認後、チケットを送付いたします。ご入金があるまで、お申し込みは確定されておりません。
お申込みはこちらから: http://home.att.ne.jp/moon/lesson_note/JMLmasterclass2014.htm#shosai

 

 

"アトリエ"とは

ジャン=マルク・ルイサダ氏の友人でもある音楽家のための運動療法家イザベル・カンピオン女史によるグループエクササイズ。
ヨガに近いエクササイズから始まり、最後には演奏する際の身体の使い方を合理的に考える所にたどり着く、自らの身体の感覚を使った講習。ルイサダ氏も、このエクササイズを行っている。

3月にパリで行われた『ジャン=マルク・ルイサダ マスタークラス in Paris 2014』に於いて、すでに二人のコラボレーションの効果は証明されている。

一般にピアニストはその学習過程において、楽譜から音楽を読み取り、それをピアノで演奏することは学んでいるが、その際、ピアノの扱いは学んでも、自身の身体をどのように扱うかについて学ぶ機会は稀である。
また、他の音楽家に比べて、毎日長時間の練習をすることが多く、身体の使い方が上手くいかないことが故障に繋がるケースも少なくない。
イザベル・カンピオン女史の指導では合理的な身体の使い方を学ぶことができ、それによってルイサダ氏の求める音楽を確実に再現することは勿論、長くピアノを弾き続けるために必要な知識と経験を得ることができる。
このようなアプローチは昨今の潮流ともなっており、ピアニストにとって非常に有意義なものになるのは間違いない。

 

 

イザベル・カンピオン プロフィール

運動療法士、アマチュアチェリスト。

楽器演奏時に苦痛を伴う多くの演奏家の治療に当たっている。

2000年より演奏家のパフォーマンスや健康に焦点を当て、運動医学を専攻、また芸術医学のディプロムを取得。
2002年より「音楽家の為のクリニック”la Clinique du Musicien et de la Performance Musicale”」勤務。そこで演奏家の職業疾患とその予防、テクニックや音楽表現のための動作の最適化、”あがり”の克服の研究、指導をしている。
また、フランス国内外での講演会、オーケストラ、音楽教育機関でのトレーナーとしての活躍など、音楽に関する活動に大きな情熱を注いでいる。

日本では、2009年よりコンセール・パリ・トーキョウ企画の“音楽家の為の運動療法”の講座の講師を務め、2010年からは毎年、東京藝術大学に於ける特別講座の講師を務めている。

 

北川正プロフィール

11歳まで上海でマルゴリンスキー氏に、その後日本に於いて笈田光吉氏に師事。
1956年、リストの第1ピアノ協奏曲でデビュー。その後、モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン、シューマン、グリーク、サン=サーンス、チャイコフ スキー、ラフマニノフ、バルトーク等を演奏、ジョリペ、ショスタコービッチの第2、プロコフィエフ第5協奏曲の日本初演を行う。
1960年渡欧。ジャック・フェブリエ、マルセル・シャンピ、マグリット・ロン、ナディア・ブーランジェ各氏に師事。
1962年、パリ・マグリット・ロン・アカデミーを首席(Premier prix, premier nomme)で卒業。同年、ジュネーブ国際音楽コンクールで2位(1位なし)を受賞。
スイス・ロマンド、スペイン国立放送、ダブリン国立放送、ポーランド・クラコフ国立放送等のオーケストラと協演し、その他、ポーランド各地のフィルハーモ ニー、コペンハーゲン・ディヴォリ・オーケストラ、また、パリでは、パリ音楽院管弦楽団、フランス国立放送、コンセール・ラムルー、コンセール・パドゥ ルー、コンセール・コロンヌ等幅広くオーケストラと協演、ヨーロッパ各地に於いて矢代秋雄ピアノ協奏曲、松村禎三ピアノ協奏曲第1番、松平頼則ピアノ協奏 曲、主題と変奏等日本の作品(協奏曲、独奏曲、室内楽曲)を数多く紹介している。レコード録音をパリ・パレマルコニー、東芝EMI、日本コロンピア等で行 う。

 


ジャン=マルク・ルイサダ プロフィール

 

ロマン派のレパートリーとフォーレ、ドビュッシー、ラヴェルなどの近代フランス音楽における優れた解釈者としての名声を確立しているジャン=マルク・ルイ サダは、1958年チュニジアの生まれ。6歳でピアノを始め、マルセル・シャンピとドゥニーズ・リヴィエールについてパリで、その後、イギリスのユー ディ・メニューイン音楽学校でも学ぶ。16歳でパリ国立高等音楽院に入学、ピアノをドミニク・メルレに、室内楽をジュヌヴィエーヴ・ジョワ=デュティユー に師事し、その両方の課程でプルミエ・プリを獲得。また、ニキタ・マガロフとパウル・バドゥラ=スコダ、ミロッシュ・マギンらのもとでも定期的に学ぶ。
1983年、ミラノ・スカラ座で開催されたディーノ・チアーニ国際ピアノ・コンクールで第2位入賞。1985年、ワルシャワでのショパン国際ピアノ・コン クールで第5位に入賞し、あわせて国際批評家賞を獲得。このショパン・コンクールでの成功が彼を国際的キャリアに導くきっかけとなり、以来世界各地におい てソロ、室内楽、協奏曲のジャンルで幅広い演奏活動を展開している。
録音も数多い。ハーモニック・レコーズに録音した2枚のソロ・アルバム(シューマンとショパン)を皮切りに、ドイツ・グラモフォンへは、ショパンのワルツ 集、マズルカ全曲、グラナドス「ゴイェスカス」、プーランク「象のババール」、グリーグとシューマンのピアノ協奏曲などを録音。
1997年よりRCA Red Sealの専属となり、モーツァルトのピアノ協奏曲第9番と第27番、ハイドンのピアノ協奏曲とソナタ、シューマンの謝肉祭ほかのピアノ作品集、ショパン のピアノ作品集、フォーレとビゼーのピアノ作品集、ショパンのピアノ協奏曲第1番[室内楽版]とドヴォルザークのピアノ五重奏曲、ローラン・コルシアとの フランク、フォーレほかのヴァイオリン作品集、ショパン、リスト、スクリャービンの3曲のロ短調ソナタを1枚にしたアルバム、ベートーヴェン作品集など、 高い評価を受けている録音を続々と発表、2007年からは日本でも定期的に録音を行っている。
1989年6月に「芸術文化勲章シュヴァリエ」を、1999年11月には「国家功労5等勲章」をフランス政府より授与される。2003年7月14日には、「芸術文化勲章オフィシエ」を授与された。
パリ在住。

 

 

ラ・パレットについて

2002年より北川正氏による公開レッスンを行うことを目的にスタート。2か月に一度、小学生~成人までを対象としたマスタークラスを行っている。ルイサダ氏のマスタークラスは、2006年に一度行っていて、今回が2度目となる。
http://home.att.ne.jp/moon/lesson_note/lapalette.htm