東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

マスタークラス

マスタークラス ピアノ / ジャン=フランソワ・アントニオーリ 

piano avec Jean-François Antonioli


ヴェロニク・ボンヌカーズローザンヌ高等音楽院のピアノ科主任である、ジャン=フランソワ・アントニオーリのマスタークラス開催が決定いたしました。
ヨーロッパ各地をはじめ、ロンドンやニューヨークの音楽評論紙より 「現代の最高峰のピアニストの一人」と謳われているピアニスト兼指揮者です。
ぜひこの機会にご参加ください。

 

日程

2016年

10月26日(水)10:00~18:00 

★受講満席、聴講受付中


10月27日(木)12:40~18:00 

★受講残席2、聴講受付中
※上記時間内で各日程、最大7名まで

指導教授

ローザンヌ高等音楽院ピアノ科主任
ジャン=フランソワ・アントニオーリ
Jean-François Antonioli

受講料

22,500円(税別)/1レッスン60分 通訳付

聴講

1日 2,000円(税別)

会場 汐留ホール
予約

こちらのご予約の受付は終了いたしました。

 

 

マスタークラスプログラム

 

10月26日(水)
10:00~11:00 スクリャービン:ピアノソナタ第3番
11:00~12:00 モーツァルト:デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲
12:00~13:00 ドビュッシー:喜びの島
13:00~14:00 休憩
14:00~15:00 モーツァルト:ロンドKV511、ソナタKV331
15:00~16:00 モーツァルト:ロンドKV511、ソナタKV331
16:00~17:00 ショパン:舟歌
17:00~18:00 リスト:巡礼の年 第三年 エステ層の噴水
10月27日(木)
12:40~13:40 バッハ:トッカータ BWV914     
ショパン:マズルカ op.7-1 変ロ長調
13:40~14:40 ショパン:ファンタジー op.49
14:40~15:00 休憩
15:00~16:00 ラヴェル:水の戯れ
16:00~17:00 ドビュッシー:前奏曲第2集
17:00~18:00 ショパン:バラード第1番

 

※プログラムは変更の可能性がございます

 

 

 ジャン=フランソワ・アントニオーリ  Jean-François Antonioli


ヨーロッパ各地をはじめ、ロンドンやニューヨークの音楽評論紙より「現代の最高峰のピアニストの一人」と謳われているピアニスト兼指揮者であるジャン=フランソワ・アントニオーリはスイスのローザンヌに1959年に生まれる。ヴィンチェンツォ・スカラムッツァやファウスト・ザドラを中心にスイスでピアノを学び、パリ国立音楽院ではピエール・サンカンに師事し、その他ブルーノ・ザイドルホーファーや、ブゾーニとシュナーベルの直弟子であったカルロ・ゼッキの影響を大きく受ける。
ヨーロッパやカナダでソロやオーケストラとの共演でツアーを行い、1991年にはワシントン・ナショナル交響楽団との共演でワシントンDCにてアメリカデビューを果たし、ピアニストとしての名声を確立。スイス、フランス、オーストリア、イタリア、セルビア、ハンガリー、カナダ、アメリカ各地での音楽祭に出演、その様子がヨーロッパのフランス語圏のラジオ局を中心に繰り返し放送されるなど、好評を博した。
録音にも力を入れ、現在までにドビュッシーの「24の前奏曲」やブゾーニなどのソロやローザンヌ室内管弦楽団との共演などで20枚ものCDが発売される。


1985年にリリースされた彼の初のCD、フランク・マルタン作曲の「ピアノとオーケストラのための2つのピアノ協奏曲」は1986年にパリでシャルル・クロス・アカデミー・ディスク最優秀グランプリを受賞、更にIRCAに「その年にリリースされたの最高の20枚のCD」にも選出される。ルクセンブルグ管弦楽団と録音したジャン・クラ作曲のピアノ協奏曲と交響曲のCDも同様、シャルル・クロス・アカデミー・ディスク最優秀グランプリを受賞。


1988年に指揮活動を開始、1993年から2002年までティモソアラ管弦楽団の首席客指揮者に就任し、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。指揮とピアノ演奏を同時にこなすことも多く、このスタイルでモーツァルト、バッハ、ハイドン、そしてショパンの全ピアノ協奏曲の録音や演奏会を行う。


1995年ブカレストにてディヌ・リパティ賞をユネスコとルーマニア教育省より賞与される。
現在、ローザンヌ音楽高等学院のピアノ科主任を務めつつ、パリのアルフレッド・コルトー創立のエコール・ノルマル音楽院をはじめとするヨーロッパ各地でのマスタークラスを精力的に行い、国際音楽コンクールの審査員も務める。1999年よりヨーロッパ科学・芸術教育機関のメンバーに選出され、活動を行う。

 

 

問合せ先

日仏文化協会汐留ホール
TEL:03-6255-4104
hall@ccfj.com

〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2汐留メディアタワーアネックス1F