東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

マスタークラス

マスタークラス カルロ・コロンボ(ファゴット) basson avec Carlo COLOMBO


ヴェロニク・ボンヌカーズ

リヨン国立歌劇場管弦楽団の首席ファゴット奏者であり、リヨン国立高等音楽院、ローザンヌ音楽院の教授として後進の指導にも熱心なカルロ・コロンボ氏の汐留ホールでの初めてのマスタークラスです。

明るく丁寧で指導力に定評のある彼のもとからは世界の著名オーケストラへ多くの生徒が輩出されています。


また7月4日にはリヨン国立高等音楽院の愛弟子とのコンサートを予定しています。これからフランスへ留学を志す学生にとっては興味深いリサイタルであり、またご来場の皆様にとってはコロンボ氏の巧みな技巧と繊細かつ柔らかな音色を堪能できるコンサートとなるでしょう。


気さくな人柄があふれるマスタークラス。またとないこの機会にぜひご参加ください。
今回は1日限定4名のマスタークラスとなります。

 

 

日程

2014年7月3日(木)10:00~14:00 ※受講満席となりましたため、聴講のみ受付中

指導教授

リヨン国立高等音楽院、ローザンヌ音楽院教授
カルロ・コロンボ Carlo Colombo

受講料

1レッスン1時間25,000円(税別)/通訳付

聴講

1,000円(税別)

会場 汐留ホール
予約

オンライン予約フォーム

 


マスタークラスプログラム

 

7月3日(木)

9:30~10:30 ジャンジャン:前奏曲とスケルツォ
10:30~11:30 ドヴィエンヌ:ファゴットソナタ第3番
11:30~12:30

グリンカ:ファゴットソナタ

12:30~13:30 休憩
13:30~14:30 サン=サーンス:ファゴットソナタ op.168
14:30~15:30 ダヴィッド:コンチェルティーノ

 

カルロ・コロンボ Carlo COLOMBO


イタリア・パドゥー出身。
ファゴットをパドゥーならびミラノでエヴァンドロ・ダロッカに師事。
1984年ジュネーブ国立音楽院を満場一致の1位で卒業。
これまでに、アンサンブル ソリスティ ヴェネティ、テアトル スカラ座オーケストラ、スカラフィルハーモニックオーケストラ、スイスロマンドオーケストラ、パリ管弦楽団、パリアンサンブルオーケストラなどと共演。
インディアナ大学、アメリカブルーミングトン大学、オヴェルリン大学でマスタークラス開催。
1983年リヨン国立オペラ座管弦楽団1stファゴット奏者に就任。
ビロード社、accolade社出版のバソーンのための曲を多数演奏している。
現在リヨン国立高等音楽院、ローザンヌ音楽院教授。

 

 

問合せ先

日仏文化協会汐留ホール
TEL:03-6255-4104
hall@ccfj.com

〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2汐留メディアタワーアネックス1F