東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

ジュディ・ソワ

ルクレール・ボクー Leclair Beaucoup

〜バロックヴァイオリンとクラヴサンによるフランスバロックの響宴〜

川原 千真
加久間朋子

 

2017年8月17日(木)

 

バロック時代フランスにおける『ヴァイオリン音楽の祖』といわれている

ジャン=マリー・ルクレールの残したヴァイオリン作品全曲演奏会の一つとして

開催します。

 

このジュディソワでは12曲からなるヴァイオリン曲集の第2巻から4曲、そして同時代のF.クープラン、ダングルベールの作品も織り交ぜてお聴きいただきます。《フランス17-8世紀ルイ王朝時代の響き》をお楽しみください!


日 時

2017年8月17日(木)

19:00開演(18:30開場) 

入場料

3,000円

出演者

川原 千真 (バロックヴァイオリン)
加久間 朋子 (クラヴサン)

申し込み先

ジュディソワ予約フォーム

※本予約フォームに入力された情報は主催者へ自動転送されます。
個人情報の取り扱いについては、日仏文化協会と主催者側のポリシーがそれぞれ適応されます。ご来場者様と主催者の間で発生した個人情報の取り扱いに関する問題は、日仏文化協会は一切責任を負いません。

 

 

プログラム

J-H.ダングルベール:「クラヴサン曲集」より
F.クープラン:「王宮のコンセール」より
J-M.ルクレール:ヴァイオリン・ソナタ 作品2 第1,2,4,5番

※プログラムは変更になる場合がございます。

 

プロフィール

 

川原 千真 Chima KAWAHARA / バロックヴァイオリン

東京芸術大学および同大学院修了。00・04・15年、バロック・ヴァイオリンによるバッハ無伴奏ソナタ・パルティータ演奏会を開催。09年同全6曲2枚組CDをリリース(「レコード芸術」特選盤)。「古典四重奏団」として97年度村松賞、04年度文化庁芸術祭大賞、07年度同優秀賞、13年東燃ゼネラル音楽賞(旧モービル賞)奨励賞を受賞。99年ギリシア公演、05年ドイツ公演。CD多数リリース。「音楽三昧」として02年アメリカ公演、第7回「サライ大賞」CD・DVD部門賞受賞。CD7枚リリース。

 

加久間朋子 Tomoko KAKUMA / クラヴサン(チェンバロ)
洗足学園大学音楽学部卒業。「古楽研究会 Origo et ractica」にてチェンバロ奏法、通奏低音奏法を故鍋島元子に師事。ミラノ音楽院にてE.ファディーニのマスタークラス修了。イタリア、ドイツ、アメリカ公演。5人のユニット「アンサンブル音楽三昧」CD6枚リリース、08年CD”音楽三昧//バッハ ファンタジーとフーガ"第7回サライCD/DVD部門大賞受賞。チェンバロ・デュオ〈レ・キャトルマン〉CD"バッハ家の鍵盤二重奏曲"リリース。現在、 古楽研究会代表、日本チェンバロ協会運営委員。