東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

ジュディ・ソワ

Ensemble Tarte Tatin

 

2017年7月27日(木)

 

大場 なつき 中安 義雄
上 仁美 溝淵加奈枝

二週連続企画、Jeudi soir en Alsace 第一弾

フランス各地にて研鑽を積むメンバーから成るゆるっとしたアンサンブル。
小編成の室内歌曲や室内楽などを中心に古今東西の名曲秘曲を

アットホームな空間でお届けします。


日 時

2017年7月27日(木)

19:00開演(18:30開場)

出演者

大場なつき(フルート)、中安義雄(ピアノ)、上仁美(クラリネット)、溝淵加奈枝(ソプラノ)

入場料

2000円(1ドリンク付き)

予約・お問合わせ

ジュディソワ予約フォーム

※本予約フォームに入力された情報は主催者へ自動転送されます。
個人情報の取り扱いについては、日仏文化協会と主催者側のポリシーがそれぞれ適応されます。ご来場者様と主催者の間で発生した個人情報の取り扱いに関する問題は、日仏文化協会は一切責任を負いません。

 

プログラム

シュミット:Sonatine en trio pour piano,flute,Clarinette
サン・サーンス:Une flute invisible
シャミナード:Portrait
ラベル:La flute enchantée
ドビュッシー:Première rhapsodie
モーツァルト:Schon lacht der holde Frühring

 

プロフィール

 

大場なつき/フルート

東京都出身。東京音楽大学フルート科及び音楽学課程修了。渡仏後、エコールノルマル音楽院にて高等演奏家課程満場一致合格。同音楽院最高課程コンサーティスト科に在籍後、ピッコロ科第一課程合格。現在、国立イッシー・レムリノー音楽院DEM課程に在籍。
フルートを村松智美、飯島和久、相澤政宏、P.フェブリエ、T.プレボ、M.キム、ピッコロをM.キム、室内楽を故 内山洋、安原理喜、中野真理、N.パタルチェク、Ch.ドビュッシー各氏に師事。
第5回仙台フルートコンクール高校の部第1位、第11回大阪国際音楽コンクールAge-U部門第3位(最高位)、クレドールコンクール(仏)エクセランス部門第3位。プランコエコンクール(仏)デュオ部門満場一致第1位。また2015年よりマスタークラスの通訳としても活動している。

 

中安義雄/ピアノ
静岡県出身。浜松学芸高校芸術科音楽課程卒業、国立音楽大学音楽文化デザイン学科創作専修(現 作曲専修)卒業。これまでに作曲を鳥山妙子、北爪道夫、エクリチュールを市川景之、奥定美和、R.ギヤール、ピアノを落合洋美、飯尾孝枝、Y.アンリ、ピアノ伴奏法をE.クーパーの各氏に師事。
2013年に渡仏しパリ・スコラカントルムにてエクリチュールを専攻し、翌年ディプロムを審査員全員一致のトレビアンで取得。2014年より、パリ国立高等音楽院エクリチュール課程に在籍。和声をC.レーン氏のクラス、対位法をJ.B.クルトワ氏のクラス、フーガと形式をT.エスケシュ、D.レジンスキ両氏のクラスにて学ぶ。パリ在住。

 

上 仁美/クラリネット

東京都出身。2010年秋より渡仏。2012年にパリ地方音楽院Perfectionnement / Concertiste 課程を満場一致で卒業後、同年秋にパリ地方音楽院室内楽科に合格。その後、2014年にヴェルサイユ地方音楽院Perfectionnement課程を審査員満場一致の成績を得て卒業。現在、HEAR Strasbourg (ストラスブール地方音楽院)学士課程に在籍。
これまでに、クラリネットを板倉康明、竹森かほり、フランク・アメ、マニュエル・メッツガー、セバスチャン・キュベールの各氏に、バスクラリネットをジャン-マルク・フォルツに師事。
2016年NONAKAクラリネット・アカデミーにて野中貿易奨励賞受賞。Orchestre Symphonique de Mulhouse, Ensemble Linea, Festival de MUSICAなどのコンサートに出演し、フランス国内外で活動の幅を広げている。

 

溝淵加奈枝/ソプラノ

香川県高松市出身。国立音楽大学演奏学科声楽専修卒業。その後、2013年に渡仏し2016年ストラスブール地方音楽院にてDEMを取得。現在は同校spécialisation課程に在籍。これまでに声楽を東原美智子、永井和子、小泉惠子、小林真理の各氏に師事。また現代曲をドナシエンヌ・ミシェル=ダンサック、フランソワーズ・キュブレーのもと研鑽を積む。
クレドールコンクール(仏)Supérieur部門第三位。ロワイヨモン財団より奨学金を得て<新しい声>講習会に参加。第47回国立音楽大学打楽器アンサンブル定期演奏会にてG.Ligeti「Sippal, dobbal, nadihegeduvel 」ソリスト、Ensemble Accroche Note、Ensemble Linea、Strasbourg percussion ensembleなどのコンサートに出演。現代音楽を中心に活動している。日仏現代音楽協会会員。