東京汐留の多目的レンタルスペース、汐留ホール。ピアノや楽器、バレエの練習場所や発表場所としてご利用いたけます

ジュディ・ソワ

クラシックリサイタル  ~5才からシニアまで 日本の歌、フランスの歌~

予約フォーム2015年1月15日(木)

 

橘今日子 Leprince直子

 

国内外で活躍する声楽家とピアニストによるコンサート。
5才~シニアまで幅広い年齢層の方々に、日本とフランスの親しみやすい楽曲をお届けします。
日仏の文化交流にふさわしく、わかりやすいレクチャーやお客様に参加いただける曲もありますので、世代を超えてお楽しみ頂ける事と思います。
多くの方のご来場を心よりお待ちしております。


 


日 時

2015年1月15日(木)開場18:30 開演19:00

出演者

橘今日子(メゾソプラノ)、Leprince直子(ピアノ)

チケット

一般3,000円、5歳から小学生1,500円

※5才から入場いただけますが、特にお子様のみを対象としたコンサートではありませんので、一人のお子様につき一人の大人の付き添いをお願いします。

会場 汐留ホール

 

 

プログラム

花の街 團伊久磨
待ちぼうけ 山田耕作
小さな空 武満徹
童神 佐原一哉
あなたが欲しい エリックサティ
パリの空の下で H.ジロー
愛の讃歌 E.ピアフ
即興曲第15番ハ短調「エディットピアフ讃」 プーランク
メタモルフォーゼより「あなたはこんな風」 プーランク
サムソンとデリラより「あなたの声に私の心開く」 サンサーンス

その他

 

※プログラムは変更になる事があります。

 

 

プロフィール

 

橘今日子 声楽家 メゾソプラノ

東京藝術大学音楽学部声楽科アルト専攻卒業。
二期会オペラスタジオ第42期マスタークラス修了(修了時に優秀賞を受賞)。
二期会オペラ研修所プロフェッショナルコース第2期修了。

「二期会新進声楽家の夕べ」「二期会サロンコンサート」「二期会オペラ講座」等に出演。
オペラではこれまでに「フィガロの結婚」ケルビーノ、「泥棒とオールドミス」ミストッド、「真夏の夜の夢」オベロン、二期会50周年記念オペラ「ホフマン物語」ステッラ、二期会ニューウェーブオペラ劇場「ジュリアス・シーザー」コルネリア等に出演。初のバロックオペラ出演となった「ジュリアス・シーザー」では、鈴木雅明氏率いるバッハ・コレギウム・ジャパンと初共演、各誌で絶賛された。近年はH19年実相寺昭雄監督追悼公演:東京二期会「魔笛」(新国立劇場オペラ劇場)侍女Ⅲ、H20奇才ペーター・コンヴィチュニー演出「エフゲニー・オネーギン」オリガなど、話題の作品にも多数出演、好評を博す。
オペレッタでは「こうもり(二期会オペラ劇場、文化庁『本物の舞台芸術体験事業』等)」、三枝成彰氏監督「メリーウィドー」等に出演。また、ベートーベン「第九」やヴィヴァルディ「グロリアミサ」他の宗教曲ソリスト、各種コンサートやイベント、ミュージカル、CM等各種録音、TV(「題名のない音楽会21(つんく氏プロデュース『クラシック娘。』」等)にも出演。
演奏活動以外では、講演(「大人のためのオペラ再入門」芝法人会・恵比寿ロータリークラブ卓話など)、声楽指導および合唱指導などを通して、楽しく・分かりやすく・Happyなクラシック音楽を広める活動を行っている。
二期会会員。東京学芸大学講師。

 

 

直子ルプランス naoko leprince ピアニスト

桐朋学園で学んだ後、オーストリア・ザルツブルク市のモーツアルテウム音楽院にて、ピアノソロ、室内楽のディプロムを1等賞で取得。
フランス国立リヨン音楽院にてムーティエ氏のクラスにおいて歌曲伴奏法のディプロムを優秀賞で取得。
帰国後、洗足学園付属指揮研究所にて研修に参加しながら、日本国内で数々の室内楽演奏や歌手の伴奏などを経験し、2003年再び渡仏。
ベルギー・ブリュッセル王立音楽院教授のヴァンデン・アインデン氏に個人的に指導を受け、後にベルギー各地においても演奏活動を行う機会を与えられる。
一方、同時期にパリでも、クリスチャン・イヴァルディ氏に室内楽の個人教授を受け、研鑚をつんでいる。
フランスでの演奏活動は、アメリカンカテドラル・パリのお昼のコンサートシリーズや、ラジオフランス内で行われる若き作曲家の初演シリーズなど。
パリ、ポーランド教会で行われる若き歌手のコンサートシリーズでは、長くに渡って伴奏者を務めた。
演奏活動のほかは、ジャクリーヌ・ボナルド氏(スコラカントルム声楽家教授)のクラス伴奏者、コメディーフランセーズ練習伴奏者を務めた。