パリ地方音楽院教授であり演奏家としても活躍するアリアンヌ・ジャコブによるコンサートです。ピアノ伴奏法を知っている方、知らないけれど興味がある、これから勉強してみたい方、どんな方にも楽しんでいただける内容です。

 

日時

2019年10月30日(水) 開演18:30(開場18:00)

入場料

全席自由 3,000円(税込)

※ご購入の方は、10/29(火)午後に行われる公開マスタークラスを無料で聴講いただけます。

出演

アリアンヌ・ジャコブ(ピアノ)

イ・ジュヒ(フルート)

中安 義雄(ピアノ・公開レッスン受講生)

プログラム

前半 ピアノ伴奏法公開レッスン

ドビュッシー :ビリティスの3つの歌より パンの笛 共演:島田 樹里(メゾソプラノ)

ヴィドール:組曲第4楽章 共演:大塲 なつき(フルート)

後半 アリアンヌ・ジャコブ ミニコンサート
バッハ:パルティータ第1番 変ロ長調 BWV825
    フルートとピアノのためのソナタ ロ短調

お申込み

こちらのご予約の受付は終了しました。

 

アリアンヌ・ジャコブ マスタークラス(ピアノ・ピアノ伴奏法)
日程:2019年10月29日(火)、30日(水)
受講料:28,000円(税別)聴講料:1,000円(税別)
申込:汐留ホールHPより 会場:汐留ホール


アリアンヌ・ジャコブ

アリアンヌ・ジャコブフランスはもちろん、ドイツ、スペイン、日本、韓国、アメリカ、ベネスエラといった海外の名だたるコンサートホールやフェスティバルに数多く出演。近年で は、パリ国立オペラ座管弦楽団ソリストのピエール・レネールとベルリオーズ・フェスティバルで共演。スペインのマエストランサ劇場ではアメリカ出身の世界 的声楽家 バーバラ・ヘンドリックスとの共演を果たしている。
コンサート共演者には、フィリップ・ベルノルド、ローラン・コルシア、エルヴェ・ジュラン(フランス国立管弦楽団)、俳優のディディエ・サンドル(コメディ・フランセーズ)、ダニエル・メギシュ等が名を連なる。
リヨン国立高等音楽院のエリック・ハイドシェック及び、スージー・ボサールの元で鍛錬を積み、1999年のマリア・カナルス・バルセロナ国際ピアノコンクールにて入賞。
自身がリリースした室内楽のCDは、雑誌TéléramaやDiapason、フランスの歌謡大賞Victoires de la musiqueでも高く評価されている。彼女が声楽の指揮を務めているリヨン国立オペラにおいて、ケント・ナガノ氏のディレクションの元、数多くのレコー ディングを実現している。
最近では、パリ室内管弦楽団やオーブ交響楽団とも共演を重ねている。
1998年より教職資格を保持し、パリ地方音楽院及びブローニュ地方音楽院の芸術教育高等拠点科にて教鞭を執っている。また、ピアノとピアノ伴奏法、室内楽のコンクールでは定期的に審査員も務めている。


イ・ジュヒ(フルート)

イ・ジュヒ韓国ソウル生まれ。パリ国立高等音楽院にてアラン・マリオンおよびレイモン・ギヨーに師事、室内楽(木管五重奏)、フルートにてそれぞれ一等賞を得る。その後イェール大学音楽院にてランサム・ウィルソンに師事、修士号を取得。在学中に第5回ジャン=ピエール・ランパル国際フルート・コンクールで特別賞を受賞。その後はジュリアード音楽院にて研鑽を積む。この時期、ニューヨークのティルデン賞(審査員長ジャン=ピエール・ランパル)にて第2位を受賞。

これまでKBS交響楽団、オーストラリア室内管、パロアルト室内管、シュトゥットガルト室内管、ソフィア・アルス室内管、ウィーン・モーツァルト管、ヤナーチェク室内管、アンサンブル・アンテルコンタンポラン、シュメン・フィルハーモニー管、上海音楽院管、ニューヨーク・コリアン室内管、ユーロ=アジアン・フィルハーモニー管、ソウル・フィルハーモニー管などと共演。ニューヨークのカーネギー・ホール、ウィーン楽友協会大ホール、大阪のいずみホール、上海コンサートホール、ソウル・アーツセンター・コンサートホールなどの多数の著名ホールで公演を行う。また、アラン・マリオン、マクサンス・ラリュー、エマニュエル・パユ、何声奇、ミシェル・モラゲス、キャロル・ウィンセンス、神田 寛明、ロイク・シュネデイルら多くの著名なフルート奏者と共演の機会を得てきた。
また上海、ニューヨーク、ソウル、釜山、クールシュヴェル、リヨン、フォントネー=ル・コントなどの国際フルート・コンクールの審査員として招かれている。
ソウル国際音楽祭、釜山国際音楽祭をはじめとする世界各国の音楽祭に招かれている。

現在は韓国の名門校である崇実大学音楽院の客員教授および延世大学の講師を務めている。次世代のフルート奏者を育てることにより、韓国のフルート教育の水準を高めたいと願っている。また上海音楽院より招かれ、マスタークラスおよびリサイタルを行なった。韓国フェスティバル・アンサンブルのソロ・フルート奏者、ソウル・フルート・クワイアのリーダー、アジア・フルート連盟理事を務める。ソロCD「Douce Paris」をユニヴァーサルミュージック、ALM Recordsよりリリース。

 

 

中安 義雄 Yoshio NAKAYASU

中安 義雄静岡県出身。浜松学芸高校芸術科音楽課程卒業。国立音楽大学音楽文化デザイン学科創作専修(現 作曲専修)在学時に第89回 国立音楽大学ソロ・室内楽定期演奏会に出演。大学卒業後に渡仏し、パリ・スコラカントルムにてÉcritureを専攻し、ディプロムを審査員満場一致のTrès Bienで取得。パリ国立高等音楽院にてÉcriture科高等課程のディプロムを取得し、2019年帰国。
これまでに作曲を鳥山妙子、北爪道夫、エクリチュールを市川景之、奥定美和、Rémi Guillard、ピアノを落合洋美、飯尾孝枝、Yves Henry、伴奏法をElizabeth Cooperの各氏に師事。パリ国立高等音楽院では和声をCyrille Lehen、対位法をJean=Baptiste Courtois、フーガと形式をThierry Escaich、David Leszczynski、管弦楽法をAnthony Girardの各氏のクラスにて学ぶ。

問合せ先

日仏文化協会汐留ホール
TEL: 03-6255-4104
hall@ccfj.com

〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2汐留メディアタワーアネックス1F