オリヴィエ・ギャルドン:ニース生まれ。7歳のとき、リリー・クラウスにその才能を見出されて演奏家への道へ。10歳のとき、ニース・オペラ座でバッハのニ短調協奏曲をオーケストラと共演。ニース音楽院卒業後、パリ国立高等音楽院で研鑽を積み、1973年ロン=ティボー国際コンクール、エリザベート国際音楽コンクール入賞。以後、国際的に活躍。毎年夏期にニース、クールシュベルでセミナーを開催するほか、ロン=ティボー、エピナル等のヨーロッパ各地の国際コンクールで審査員を務める。現在はパリ市立高等音楽院で後進の指導に当たり、2004年のロン=ティボー国際コンクールの優勝者を育てたことでも注目を浴びている。

http://oliviergardon.free.fr

震災の影響により、本イベントは中止とさせていただきます。詳細についてはこちらのページをご確認ください。

 

2011年4月21日(木)、日仏文化協会汐留ホールのオープンを記念してパリ国立地方音楽院教授オリヴィエ・ギャルドン氏 のピアノリサイタルを開催いたします。

また4月24日(日)には同氏によるマスタークラスも開催予定です。

 

日時 4/21(木) 18h30開場 19h開演
会場 日仏文化協会 汐留ホール
前売り料金 一般¥4,000  学生¥3,000

 

曲目

リスト: バラード第2番ロ短調
ラヴェル:ボレロ(4手連弾共演 中野真帆子
ドビュッシー:映像第1集・第2集 他

 

問合せ先

日仏文化協会汐留ホール
TEL:03-6255-4104
hall@ccfj.com

〒105-0021 東京都港区東新橋1-7-2汐留メディアタワーアネックス1F